• 外貨MMF

    外貨MMFの申し込み方法

    外貨MMFを利用する金融機関が決まったら専用の口座を開く必要があります。窓口の場合は、本人だと確認できる物と印鑑を持参し、その場で手続きと口座開設を行えます。さらに、ほとんどの場合は専属の担当者がついてくれて細かい情報や分析などをもとにアドバイスをくれるので安心して運用を進められます。専門の知識を持ったプロが一緒になってサポートしてくれるのは心強いです。

    金融機関によってはインターネットで申し込みできるところもあり、必要事項を入力画面から入力すると数日後に申込書や関連資料が送られてくるので、書類に捺印してパスポートや免許証のコピーなど本人確認書類と一緒に返送すれば完了です。インターネットが利用できる環境であれば24時間いつでも申し込めますし、内容によっては手数料が少しお値打ちになる場合もあります。

    自分で情報収集し、分析して判断しなければいけませんが、窓口より素早く取り引きを行うことができ、自分のタイミングで売買することができるので投資に慣れている人はインターネットを利用する方が効率的でしょう。インターネット専門であるネット銀行やネット証券会社はインターネットでの取り引きに特化しているので取り扱いの商品が豊富で、それらを簡単に見比べることができる比較サイトなどもネット上に掲載されています。

    さらに、ネット銀行とネット証券が連携して預金と投資を結びつけることができるサービスも増えています。いずれにせよ、外貨MMFだけでなく投資商品にはメリットとデメリットがあるのでしっかり理解しておくことと、細かく記載されている契約内容などの注意点の部分に重要なことが明記されていることが多いので丁寧に呼んで把握しておくことが大切です。

近ごろ有名な香川銀行

とっても手堅いオリックス銀行

貸金庫

外貨MMF

山形銀行の秘密

頼りになる北九州銀行

千葉銀行(ちばぎんこう)