• 外貨MMF

    外貨MMFのデメリット

    外貨MMFにもデメリットがあります。たとえば、外貨MMFは外貨での運用のため、為替の変動を受けやすく円高になれば損をする、ことが挙げられます。円安時に始めて、為替相場が円高に進んだ場合、つまり1ドル=100円で買って1ドル=80円になってしまった場合、もし100ドル分買っていたら2000円の損が出てしまうことになります。

    そうなる前に経済の動きを見て売買する、また円安に戻るまで持ち続ける、など方法はあるので、そういった損害も勉強代と捉えて続けていくのも投資の醍醐味です。一部の証券会社では外貨のまま送金してくれるところもありますが、ほとんどの証券会社では外貨のまま引き出すことができないため、外貨から円に換えなければいけません。

    換える手間と、換えるためには為替手数料が必要なので煩わしさを感じますが、為替手数料は外貨預金の場合よりかなりお値打ちになっています。外貨預金は、為替で大きな影響を受けたりするなど万が一のことがあった場合に預けた金額の保証がある(円では保証されず外貨でのみ可能)のですが、外貨MMFは保証がありません。ただ、外貨MMFは海外の保管機関で資産を分散して管理しているので、預け先の証券会社が倒産しても預けた資産は保証されます。