• 貸金庫

    貸金庫の申し込み方

    貸金庫を利用したくなった場合どうすればよいのでしょうか。最寄の金融機関の店舗に直接出向いて相談するのが一番手っ取り早いですが、そこの店舗では貸金庫を設置していない場合や希望の貸金庫を扱っていないばあいもあります。また、都市銀行や規模の大きい地方銀行では取引客が多いことや企業に貸し出して入るということもあり、貸金庫に空きが無かったり順番待ちという状態もあります。

    そうなるとせっかく行ったのに門前払いされてしまったり、何店舗も聴いて回らなければいけなくなるかもしれません。それは面倒くさいですよね。最寄りの銀行や信用金庫などの金融機関のホームページを見ると貸金庫の案内や貸金庫の取り扱い店舗について記載がしてあります。そこを確認してから行くと良いかもしれません。

    また、ホームページから貸金庫の内容について問い合わせすることができる店舗もあります。貸金庫を申し込むには通帳・印鑑・運転免許証やパスポートなどの本人確認資料が必要です。この際、金融機関によって貸金庫が利用できるか審査が行われたり、他の金融商品の案内を受けるかもしれませんがその店舗の決まりなので素直に従うのが賢明です。

    貸金庫の中身を職員が確認することは無いのでしっかりプライバシーが守られますし、営業時間内であれば一日に何度も利用できるので自宅の金庫代わりに使うのも良いでしょう。大切な書類や金品はもちろんお金では換えられない思い出の品など、無くなってからではどうすることもできませんから、お金と気持ちに余裕のある時に貸金庫を利用してみてはいかがでしょうか。