• とっても手堅いオリックス銀行

    オリックス銀行とは

    「オリックス銀行」という名前を聞くとプロ野球の「オリックス・バッファローズ」と関係があるのか疑問に思う人が多いと思いますが、その名のとおり、オリックス銀行はオリックス・バッファローズの親会社である「オリックス」の子会社です。オリックスは不動産業と併せてグループで信託銀行・証券会社・保険などの金融業務も行っており、オリックス銀行はその中の一つです。

    もとは、1997年に破綻した山一證券の子会社であった山一信託銀行が自主廃業したため、1998年にオリックスに譲渡され名前を「オリックス信託銀行」に改称しました。そして信託業務の取り扱いをほとんどしなくなったことから、2011年に「オリックス銀行」と名前を変更したのです。

    金融商品は円預金・金銭信託・カードローン・不動産や住宅ローンと、一般的な銀行と比べて若干少ないですが、ほとんど取り扱い内容は同じです。しかし、大きな違いとしてオリックス銀行はインターネット専用の銀行、つまりネット銀行でありインターネットのみでしか取引できません。

    ですから、店舗はもちろん通帳もキャッシュカードも無く、ATMでお金を入出金することもできません。2011年からプロ野球選手のイチロー選手をCMに起用しています。これは、オリックスグループのブランドスローガンである「他にはないアンサーを」もとに、常にチャレンジを続けて進化しているイチロー選手の姿を通じて、オリックス銀行の目指す姿を表現しているそうです。